クロノスの新世界展望 ☆世界の虚実を暴くのです★

この面倒くさい国から世界を眺めて「虚」と「実」の選定をやってます

思うところあってブログスタイルを変えることにしました

もう「色々調べて情報収集して発信する」という段階ではないようなので「雑記的な事」を書くことが増えるかな。

 

自分自身が新しい仕事で急に英語が必要になって「仕事で使う英会話」を仕込まないといけなくなったり、パレスチナの事で日本人の意識がはっきり見えてしまったり、パレスチナのために自分に何ができるかと考えたら「とてつもなくエネルギーと時間が必要なこと」に行き着いてしまったり、プチビジネスも始めたいし…な感じで…つまり時間に限りがあるから色々できないという話なのだけど…

 

ちなみに、私は今の時代は収入源を一つに絞るのは危険だと思っているので分散させている。「新しい仕事」と言ってもフルタイムではない。それに、開業したときにフルタイムの仕事してたら厄介なことになるというのも計算に入れている。

 

それから、『三国志』や『封神演義藤崎竜)』を読んだり、パレスチナの人たちの生き様を見たりで価値観や死生観が大きく変わったのも、今までのスタイルを踏襲する気がなくなった一因でもある。

 

今の私は、とても静かです。まるで太上老君の怠惰スーツの中の様ですw

 

ま、静かとは言え日々「激怒」は続いているけどね。シオニストのクズどもはデフォとしても、日本人の意識にも軽く怒りを覚えている。

 

ウクライナ紛争が起きた時に所謂「反ワク界隈」の人達の多くはロシアを応援する発信をしていた。ところが今は、パレスチナ虐殺に目を向ける人がほとんどいない。この差っていったい何だろうね? 要は「アラブ」には興味がないということ? 

 

それは個人の自由だから仕方ないけど、日々パレスチナの人達が惨殺されているのを見続けている私には「接種後2時間で高齢者が亡くなった! こんな非道なことが許されていいのか!!!」とか「子ども達を守る為にワクチン接種を中止しよう」と言ってるのを聞くとダブスタにしか思えないんだよね。だったらせめてパレスチナの人達に少しは目を向けてくれないかな。

 

だから、今は「ワクチン」も「パレスチナ」も両方を発信してる人しか目にしてない。「ワクチン被害者の救済」は大事なことだけど、「打つと死ぬ」を強調して接種者を不快にしている人が多いのも事実。私も最近は「反ワク一辺倒」な人は避けている。ワクチンって専門職や被害者関係の人以外は「私は打たない。終了!」で良くないか? 分子的な機序まで知る必要ないよね。

 

一番バランスがいいアカウントさんはこの方かな。思考も柔軟。

 

思考と体調は直結しているから、反ワク界隈に朝から晩まで張り付いていたらそれだけで健康を損ねる気がするんだけどね。ちょっとエグイ話だが、囚人に目隠しをして「今からお前の血を一滴ずつ抜く」と宣言して水道から水が一滴ずつ垂れる音を聞かせたらその囚人は死んだという話がある。思い込みのパワーは強大。だから思い込みだけで死ねるメンタルは作らない方がいいんだよ。朝から晩まで「体が壊れる話」に没頭していたら、少なくとも健康からは離れていくだろうな。

 

 

過去の自分を思えば言えないところも多いが…。誰かが「パレスチナも酷いけどアフガンはもっと酷かった」とコメントしていて、その時、今まで中東の惨事に一切目を向けて来なかった愚かな自分を呪ったよ。そんなことも知らずにMakeAmericaGreatAgain とか言って調子こいてたんだな、って(-_-;)

 

そんなこんなで色々思うところがあって、今度の自分の方向性もちょっと変えることにした。まず「無理をしない」ってことだね。

 

ファイナンスも別に藤巻さんと対等に話せるレベルになる必要もないのだから、FP2級までの知識をしっかり取得すればいいや、と考え直した。「無理なことに挑戦」なんてやってるほど残り時間はなさそうだし。日銀崩壊は追うけど。

 

パレスチナや中東に関しては深い知識が欲しいので時々ここを使ってまとめるけど、まったり系のネタも書いていく予定。

 

最後に「最近よく見かける謎のカエルさん」を貼っておきますw