世界を俯瞰する傍観者の記録

「リベラルアーツ」「国際情勢」「日本の危機」「アニメや漫画」「歴史」などなどを好き勝手に語ります

【軍事関係資料】Laser weapons used in Ukraine – Russia

www.rt.com

 

機械翻訳

 

ウクライナでレーザー兵器が使用される - ロシア
ハイテク兵器は5km先の標的を焼き尽くすことができると、最高幹部が明らかにした。

 

ロシアは独自の対ドローンレーザー能力を開発し、すでにウクライナで使用していると、ユーリー・ボリソフ副首相が2日のインタビューで主張した。射程距離は5kmで、ロシア語で「ザディラ(トラブルメーカー)」というニックネームが付けられているという。ボリソフ首相は、この新しい装置に関する他の詳細については明らかにしなかった。

 

ボリソフ氏は、ロシアで開発されている先進的な兵器について議論しているときに、このことが明らかになった。彼は新しいツールを、2018年にウラジーミル・プーチン大統領が初めて公開したレーザーシステム「ペレスヴェット」と比較したが、当時はその正確な目的が説明されていなかった。

 

この関係者は、ペレスベットが、1,500kmもの高さで地球を周回するスパイ衛星を含む光学センサーを無効化するように設計されていることを確認した。

「ペレスベットがブラインドであるのに対し、新世代のレーザー兵器はターゲットに物理的なダメージを与え、焼き尽くすのです」と彼は言った。

 

ロシア軍がそのようなシステムを受け取るためのスケジュールについて質問されたとき、ボリソフは、それらはすでに供給されていると述べました。さらに、対ドローンレーザーがロシアのウクライナ軍事作戦に投入されたかどうか尋ねられると、大臣は「最初のサンプルが使われた」ことを認めました。

 

軍事専門家によると、レーザーは膨大な電力を必要とし、空気中の塵や水蒸気が原因でビームが劣化するなど、兵器としての欠点がいくつかあるという。

 

しかし、従来の対空ミサイルに比べ、1発あたりのコストという点では大きなアドバンテージがある。ドローン技術の進歩により、航空資産の配備が経済的に可能になったため、世界中の軍事計画者は、軍資金を枯渇させずにこの脅威に対抗するさまざまな方法を模索する必要に迫られている。

 

米国では今年、艦艇やドローンに対する海軍レーザーのテストに成功し、4月には層状レーザー防衛(LLD)による空中練習用標的の撃破が当局により「歴史的」と謳われた。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。