ミドル・シニアの就労情報      &心と体のヘルシースタイル

キャリアカウンセラー&ヘルシーライフアドバイザーとして開業予定。就職情報は自ら体験しながらリサーチ中。いつまでも高いパフォーマンスを保つための健康法も探究しています。

58歳からの素敵な暮らし(幸せな日々に大金は要りません)

ショコラさんの本を読んで「こんな素敵な暮らし方があるのだな」と知りました。

ミニマリズムの書籍は男性のものが多いので、女性にとってはどうしてもイメージしにくいところがあります。けれど、ショコラさんのこちらの本はアラカンからの小さくまとまったシンプルライフで身近です。

 

ショコラさんは独り暮らしを始める時にハローワークでみつけた仕事に就業したそうです。月に10万円ちょっとのお給料でも充実した生活ができることがわかります。

 

女性はどうしても「洋服」「化粧品」「交際費」「美容院」等、男性にはない出費が多いものです。けれど、必要なものに絞っていけば意外と削れるものです。(ちなみに、私は「洋服」「化粧品」「交際費」に関してはかなりなローコストです。昔はこの分野の浪費が凄まじかったのですがそこは無事に正せました)

 

ショコラさんはとてもおしゃれな方で洋服へのこだわりはもちろんのこと、インテリアもハイセンスです。高いものではないけれど妥協はせずに、自分がいつも居る空間を最大限魅力的にコーディネートしています。こういうところが女性から見てわくわくするポイントです。

 

それまで私は「女性が満足いく暮らしをするには手取りで25万円以上ないと無理」と思っていましたが、その思い込みが崩れました。良い意味で色々裏切られます。なによりも「時間が大事」と思うようになりました。半年前までの私は、朝の9時に家を出て、夜の8時に帰宅。ゆっくりする間もなく、やりたいこともできず、また次の気が重い朝が来る。これを5日繰り返す…という日々でした。こういう生活から解放されるならお給料は減っても構わない、と思ったのです。

 

以前の私は「人間的な暮らしをしていなかった」と気づきました。2日間のお休みは、初日はほっとしていても2日目には「またあの嫌な5日間がスタートする;」と夜が近づくにつれて憂鬱が増していきます。ショコラさんの暮らしとは精神的に雲泥の差でした。

 

こちらは今年の1月に出版された書籍です。

月12万円の年金で、のびやかに暮らす。

前著『58歳から日々を大切に小さく暮らす』で、
多くの読者の共感をよんだショコラさんが、
65歳を迎え、いよいよ月12万円の年金生活に。

心地いい住まい
軽やかな人づき合い
無理なく続けられる仕事
大好きなおしゃれ

歳を重ねてからの心ゆたかな暮らし。
その準備と心構えを、くわしくお伝えします。

 

私の年金はショコラさんより4万円ほど安いです(苦笑) 私の場合は、これからスタートさせようとしている事業が65歳には大成していることを目指します。

 

自分の暮らしは小さくのんびりでいい。お金は社会貢献にたくさん回したい、と思っています。こう考えると65歳を迎えるのも楽しみになってきますね(#^^#) 「素敵な65歳」を目指して日々を重ねていこうと思います。